お客様のお役に立つために、
社員が働きやすい環境を整えていきます。

 当社の経営理念は「お役立ちの精神」です。この理念を実現するために、「社員全員でCS(顧客満足)を考える。社長である私はES(従業員満足)を考える。」という役割分担をして行動しています。
社員はお客様の話をしっかりお聞きして、お客様の売上増に貢献したり、業務効率化のためのソリューションを提案することが使命です。単に「商品を販売して終わり」ではなく、お客様と長いお付き合いをしながらトータルにサポートすることが求められます。
 そんな社員を支えるために、私が力を入れているのは、社屋の整備を含め、社員が働きやすい環境作りです。残業を減らして、社員が19時前に帰れるようにしたり、有給休暇も年間10日間は必ず取るように指導しています。評価制度を変えたのも、早く帰ることがマイナス評価になることを一掃し、売上や利益、お客様への貢献をしっかり評価するといった評価基準を明確にし、年功序列ではなく成果を上げた人をしっかり評価したいと考えたからです。

一番大切なのは「嘘をつかない」こと。
そして機転が利く人材に期待しています。

 当社が求めている人材は、第一に「嘘をつかない」こと。間違った情報を言われたら、上司や周りの人は正しくカバーすることができません。悪い情報ほど、正直に言うことが大切です。そして第二は「機転が利くかどうか」です。学校の勉強ができたかどうかは、あまり関係ありません。私たちの仕事は、様々なお客様が相手になりますから、相手によって、状況によって、機転を利かせて臨機応変に適切な対応をすることが重要です。
私は一旦社員に任せたことは、たとえ失敗すると思っても信用して任せ切ることにしています。失敗した時は、なぜ失敗したかを考えて、次に活かせば良いのです。ですから思い切って、のびのびと地元の社会と向き合って仕事をしてください。日々まじめに取り組めば、きっと成長を感じることができるはずです。

代表取締役社長 松田幸久
pagetop